前立腺という生殖器は生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)が大変深く関係しており、前立腺に出現したガンも同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンに刺激されて大きく成長します。
前触れもなく発症する急性腸炎は、通常は腹部の痛み・嘔吐・下痢を伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染によるものの場合は強い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38℃以上の高熱が出るのが特徴だといえます。
今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に対しての免疫力、すなわち抵抗力を保有していない人々の割合が高いことや、早合点のために受診が遅れることに縁るアウトブレイク・院内感染が多くなっているようです。
脂漏性皮膚炎というものは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹で、皮脂分泌が乱れる素因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンのアンバランス、ナイアシンなどビタミンB群の慢性的な枯渇などが大きいと言われています。
バイキンやウィルスなど病気を生み出す微生物が呼吸とともに肺へ侵入して伝染してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を見せている事態を「肺炎」と呼んでいるのです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果から、ワクチンの予防接種効果が見通せるのは、接種の約2週後からおよそ150日くらいということが判明しています。
食事をするときは、次に食べようと思った物をなんとなく口に運んで数回咀嚼して嚥下するだけだが、その後も体はまことにまめに働き続けて食物を身体に取り込むよう努めている。
アルコールを無毒化する作用があるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに効果的です。ゆううつな二日酔いの素因とされているエタナール(アセトアルデヒド)という物質の分解に力を発揮しているのです。
「いつも時間に追われている」「粘着質ないろんな付き合いが嫌でたまらない」「テクノロジーや情報のめざましい高度化に付いていくのが大変」など、ストレスを受けやすい要因は人によって違うようです。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の数値で分かりますが、ここ数年肝機能が減衰している人数が徐々に増加傾向にあると報じられています。
ともすると「ストレス」は、「無くすもの」「除去すべき」と捉えがちですが、本当は、人は様々なストレスを体験しているからこそ、生き延びていくことに耐えられるのです。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が横になっていても必要なエネルギーのことを指していて、そのほとんどを様々な骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・脳の3種類が占めるとのことです。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、成人に比べると体の小さな子どものほうが風に流されてきた放射能のダメージをよく受容することがわかっているのです。
腹部の右上にある肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や糖尿病のみならず様々な生活習慣病の合併症をもたらす可能性があるといわれています。
アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を落としたり変異を誘発する害のある物質を体の内側で解毒し、肝臓の力を強化するような特性が明らかになっています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です