自動体外式除細動器(AED)というのは医療従事者ではない非医療従事者でも扱うことのできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの手順に従ってケアすることで、心臓の心室細動に対する緊急処置の効き目を実現します。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、日常生活のストレス、老化といった多様な原因が混ざると、インスリンの分泌量が減少したり、機能が鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発症するのです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、今日までの膨大な研究結果によって、予防の効能が望めるのはワクチン接種日の約2週間後から約150日間位と言われているようです。
グラスファイバー製のギプスは、強靭で重くないのに耐久性に優れ、濡らしても壊れずに使えるという長所があるため、現在採用されているギプスの定番だと言われています。
アルコールをクラッキングする効果を持つナイアシンは、苦しい二日酔いに極めて有効です。不快な宿酔の原因だといわれているエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化に力を発揮しています。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・腹下しを伴う程度ですが、細菌感染から来ている場合は相当ひどい腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38℃以上の高熱が出るのが特徴なのです。
今時の病院のオペ室には、W.C.や器械室(apparatus room )、準備室を用意し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を備え付けるか、近辺にX線装置用の専門室を設置するのが慣例だ。
「肝機能の衰退」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値によって確認することができますが、ここ数年の間に肝機能が衰退している方々が明らかに増加傾向にあるとされています。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことやタバコを飲む事・嗜好品・体重過多などの生活習慣の質の低下、ストレスに縁り、今日本人に多い疾患だといえます。
気分障害のうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、強い憂うつ感、不眠疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症になると自殺企図などの危険な症状が現れ、2週間以上続きます。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、平成24年9月より原則無料の定期接種になるため、病院などで個々に注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱い
ストレスが蓄積してしまう理屈や、便利なストレス緩和策など、ストレスに関わる詳細な知識を持っている方は、そんなに多くはありません。
くしゃみや鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・異物が入っているような感じなどの花粉症の主な症状は、アレルギーを起こす花粉の飛び散る量に追従して深刻になってしまうという特性があるそうです。
BMI(体重指数を求める式はどこの国でも同じですが、値の評価基準は国ごとに異なり、一般社団法人日本肥満学会ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、18.5未満の場合は低体重と定義しています。
1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)にあるインスリンの源であるβ細胞が損傷を受けてしまうことにより、その膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなって発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です