内臓脂肪過多の肥満と診断され、脂質過多、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2項目以上に当てはまるような健康状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と名付けました。
季節病ともいわれる花粉症とは、森林の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量に放出される花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気だと広く知られています。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、色々なアミノ酸をクレブス回路と呼ばれているエネルギーの代謝に必要となる回路に取り込むためにもっと細分化するのを助長するという働きもあるのです。
スギ花粉症などの病状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜よく睡眠を取れないと、それが素因になって睡眠不足の状態に陥り、翌日起きてからの業務の遂行にダメージを及ぼすかもしれません。
BMI(体重指数)の計算式はどの国でも同じですが、値の位置づけは国単位でそれぞれ違いがあって、JASSOではBMI値22を標準、25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合は低体重としているのです。
耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類することができますが、中耳の辺りに様々な黴菌やウィルスなどが感染し、炎症ができたり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼ぶのです。
学校や幼稚園等大勢での団体生活の中、花粉症が原因で友達と等しく元気に行動ができないのは、患者さんにとっても悔しいことです。
高齢化による耳の聞こえにくさでは毎日少しずつ聴力が低下するものの、大体において60歳くらいまでは耳の老化をはっきり自認できないのです。
ストレスが蓄積していく経緯や、手軽なストレス対策など、ストレスにまつわる全体的な知識を保持している方は、それほど多くはありません。
吐血と喀血は口から血を吐くことですが、喀血とはのどから肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血であり、吐血とは無腸間膜小腸よりも上部の消化管から血が出る病状を示しているのです。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓に存在する解毒酵素そのものの正常な創造活動を支えているかもしれないという真実が明らかになってきました。
インフルエンザ(流感)に適した効果的な予防法や手当といった原則施される措置自体は、それが例え季節性インフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでもほとんど変わらないのです。
いんきんたむしという病気は20代〜30代の比較的若い男性に多く見られており、大方股間の辺りにのみ拡大し、体を動かしたり、お風呂から上がった後など身体が熱くなった時に激しい掻痒感をもたらします。
心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側が細くなって、血流が途切れ、酸素や様々な栄養を心筋まで配達できず、筋細胞自体が機能しなくなってしまう大変深刻な病気です。
環状紅斑とは何かというと環状、要するに輪っかのようなまるい形をした赤みを帯びた湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ病の総称ですが、その原因はまったくもって様々なのです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です