ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に両手両足が痺れるような感覚があったり脚の浮腫みなどがよく見られ、症状が進んでしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に陥る心不全などを齎すことがあります。
普段からゴロンと横向きになってテレビを視聴していたり、机の上で頬杖をついたり、ハイヒール等をよく履いたりといった習慣的なことは体の上下左右の均衡が乱れる素因になります。
自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を持たない方でも利用できる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスが指示してくれる通りに扱うことで、心臓が細かく震える心室細動の治療の効果をみせてくれます。
緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩こりや首筋の凝り、張りに誘引される慢性頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強烈な痛さ」「重苦しい酷い痛さ」と表現されています。
ストレスが溜まる論理や、手軽で有用な抗ストレス方法など、ストレスについて正しい知識を勉強しようとする人は、現時点ではさほど多くはありません。
現代の病院のオペ室には、御手洗いや器械室、手術準備室(operating preparation room)を備え付け、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を備えておくか、そうでなければ付近にレントゲン撮影の専門室を付属させるのが通例である。
心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が細くなってしまい、血流が途切れ、酸素や色々な栄養が心筋まで配達されず、筋線維そのものが壊滅状態になる深刻な病気です。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ追跡調査のデータによると、体の大きな大人よりも体の小さな子どものほうが拡散した放射能の良くない影響を受容しやすいことが明らかになります。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという性質があり、オゾン層で一部分が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(遺伝情報)を破損させたりして、肌にとって悪い影響をもたらすのです。
一見すると「ストレス」は、「なくさなければいけない」「除去しなければいけない」ものと捉えがちですが、本当のところは、我々は多少のストレスを体験するからこそ、活動することができています。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が原因で生じる湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす原因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンB複合体の不足などが関わっているのです。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、加齢というような様々な原因が合わさると、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が低下したりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発病することになります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も患者数の多い中耳炎で小さな子どもに多く発症します。激しい耳痛や38℃以上の高熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(じろう)などたくさんの症状が出ます。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の体の中の脂肪が占有している歩合であり、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量÷体重(weight、キログラム )×100」という計算によって弾きだせます。
日々繰り返される規則正しい日常生活、腹八分目の徹底、適切な体操等、アナログともいえる体への留意が老化対策にも関係するということです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です