むねやけが主訴の逆流性食道炎は、3〜4日きちんと処方薬を飲めば、原則、8割〜9割の患者さんの自覚症状は消え去りますが、かといって食道の粘膜のダメージや炎症が快癒したとは断定できないのです。
30才から39才の間に更年期が来たとすれば、医学用語で表すと「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患を指します(この国では40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(早期閉経)」と称しています)。
花粉症というのは、山の杉やヒノキ、ブタクサなどの大量に飛散する花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・鼻づまり・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気なのです。
明るくない所では光量不足により見辛くなりますが、更に瞳孔が開くため、目のレンズのピントを合わせるのに多くの力が使用されてしまい、明るい場所でモノを眺めるより疲労が大きいのです。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が無いのに、体重だけが食事や排尿などで短時間で増減するような時、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が上昇することがわかっています。
人間の体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に働く糖分、新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、過度の痩身ではこの2種類に代表される活動を維持するために外せない栄養成分までも乏しい状態にしている。
脂肪過多に陥っている肥満は勿論摂取する食物の種類や運動不足が因子になっていますが、同量の食事であっても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続けたならば体重過多に陥っている肥満を招きやすくなると言われています。
緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝り、首筋の凝り、張りから起こる最も一般的な慢性頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強い痛み」「重くてたまらないような酷い痛さ」と言われることが多いようです。
薬、酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の果たす大事な仕事の一つだということは間違いありません。
気分障害のうつ病では脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が足りず、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の辛い症状が心身に現れるのです。
胸痛を主訴とする狭心症の外科的な施術では現在「大動脈バルーンパンピング」もしくはグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス移植手術(CABG)」の2つの治療法が活発に導入されています。
吐血と喀血、いずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というのは喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から血が出ることを表しています。
HIV、つまりエイズウイルスを含んだ血液、精液をはじめ、女性の腟分泌液、母乳といった様々な体液が、交渉相手などの傷口や粘膜などに接触した場合、HIV感染の可能性が高くなってくるのです。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、精神的なストレス、老化などの複数の原因が絡むと、インスリン分泌が鈍化したり、機能が衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。
グラスファイバー製ギプスは、非常に強くて重くないのに耐久性に優れ、雨などで濡れても使い続けられるというメリットがあるため、現在用いられるギプスの第一選択肢だと言っても過言ではありません。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です