自分の主張を通すためなら、手段を選ばぬ者に権力を与えることほど恐ろしいことはない。
ある意味、放射線などより、この男が議員であるこ との方がはるかに危険なのだ。

だが、今日の今日まで、自身がそういった危険思想の持ち主であるという事に山本太郎参院議員は露ほどにも考えていなかっただ ろう。それがむしろ余計に怖い。
ただ「脱原発」などよりは簡単にこの問題は解決できる。そう、解決策は一つ、山本太郎参院議員よ、死ね。「脱原発」。昨日の朝日新聞朝刊に小熊英二がコラムを掲載されていました。
「福島第一原発事故後に、もっとも劇的に脱原発した国はどこか。そう質問すると、カラコン通販激安多くの人が「ドイツ」と答える。しかしドイツは、政府が脱原発を 宣言したが、実際には多くの原発を動かしている。
では、政府は宣言していないが、実質的に脱原発した国はどこか。いうまでもなく日本である。いま日本で は、一基の原発も動いていない。」 もう、日本は政府の意向ではなくとも“空気”が「脱原発」路線なんですよね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です