山に出掛ける際にはあのゴツイ登山靴を履いていくのだろうと察している方が多いだろう。

処が実情は差に非ず。

中学の登山部に入って最初に梅田のIBS石井スポーツに皆で道具を揃えに行ったことは書いた。
そこで買ったのがキャラバンシューズ。
今でもこの名称が有るのかどうか知らないが、最近の軽登山靴のほうが余程カッコよくデザインも豊富だし、機能性にも優れている。と、思う。
思う。だけなのは履いたことが無いから分らないのである。

キャラバンシューズは昔風の軽登山靴の様なものだが生地が以前はキャラバン(帆布)で出来ていたが、私が中学に上がったころはナイロン製。
それでも35年前のことで色はブルー1色しかなかったような、女性用に赤いものもあったか。
ピンクではなく「アカ」だ。
底はビムラムが貼ってあって岩場や砂地などにも対応できると言う触れ込みだったのではないか。

これは半年ほどで止めて私は1人、本格的な革製の登山靴を親に買ってもらった。
当時で3万弱したはずだ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です