祇園四条通りにある本家西尾 八ツ橋茶屋のランチセットです。

八ツ橋を考えた西尾の祇園店に併設されたカフェです。

八ツ橋パフェ等、祇園ならではのメニューがあるしゃれたカフェです。

飲食メニューとして西尾そばという浮気調査 島根素麺がありまして、これはセットメニューです。

汁のタイプは塩と醤油から選べます。

単品の物はそばの上に具がありますが、代わりに五穀ご飯とお番菜と八ツ橋がつきます。

最近、塩だしに凝っているのですが、関東の醤油と比べてみたいので醤油味を注文します。

関東の醤油味と比べると薄いです。

でも味の土台はしっかりしていて、奥深い味です。

ラーメンライスじゃありませんが、五穀ご飯と交互に食べるとかなりいけます。

そしてお番菜と交互に食べてもいけます。

そしてラストに八ツ橋を食べる事により、幸せな気分になれます。

四条通り界隈だとかなりお得なランチメニューだと思います。

武市半平太は幕末の思想家、活動家、政治家です。

土佐出身の彼は、博識で剣豪で芸術的センスもあるだけでなく二枚目な人でした。

天皇を敬い、外人に日本が荒らされる事を嫌った武闘派の彼は地元の若き下級武士達のカリスマでした。

彼が組織した土佐勤王党には坂本龍馬をはじめ200人の若手藩士が参加しました。
そんな彼の歴史的な役割でなく、身近な人物との触れ合いに男として学ぶ部分があるので紹介します。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です