スマホには「アップデート」や「ソフト・アップグレード」という「救世 主」が後ろに控えているのです。
つまり、

ハードウエアに「時間軸」を固定されない一定の自由度と将来性を持たせてもらっているのです。 つまり、「時」に乗れない、つまり「時に置いてきぼりにされる」しかないのがガラケーであり、「時にまだまだついて行ける」可能性を満身に込めたドリームハードウエア(といっても、パソコンはずっと前からそうですが)がスマホというわけです。
さて、誰しも「無様」にはなりたくないもの。 それがアンドロイドであれiPhoneであれ。 「俺はまだまだイケるぜ」と言いたげな、でも実は見た目は地味な四角いガラス面とプラスチックの(iPhoneの場合はステンレスの)縁取りとしか見えない物体不倫調査 大阪、は。
今後も私たちの世界とのつながり(ひいては、宇宙とのつながり)の部分を引っ張って行ってくれるデバイス、に翻弄されながら、いくつもいくつも買い替えさせられるのでしょう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です