これまで書かれてきたフジテレビ関係の日記の総括的な内容ですね。

仰るとおり、昔は保守系の局だったフジテレビ。
潰すんではなく、往年の輝きを取り戻してもらえればいいわけです。
そのためにも、局内のレジスタンスを応援していかないといけないですね。

坂の上の雲でもロシアを撹乱する為に反政府組織に金やってモスクワで暴れさせてましたからね。

皆がウジだ、大袈裟だという事を語る中、この内容と過去の文章を引っ張り出したのは、ごろーさんに影響受けての事です。

去年の4月期のドラマと10月期のキムタクドラマは本当に良かったです。

いいともはくそ番組に成り下がりましたが、火曜夜のラストホープは医療について、土曜夜のカラマーゾフの兄弟も家族と善悪について考えさせられます。

ドラマにはまともな人が残ってるのでそちらは支援したいなと思います。
僕らが幼い頃、ビックリマン(なんの因果か在日企業の製品です)が流行ってました。

ヘッドと呼ばれるレアシール、特にヘラクライストはホロ加工がされていて価値がありました。

ビックリマンチョコを買って自分で当てる、もしくはトレードで手に入れる、もしくはガチャガチャで偽物を手に入れるしかありません。(芸人のロッチはここから芸名をとりました)
ですが盗んで手に入れる奴も中にはいます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です